2013 豊津NEWS 5月号

Posted 5月 18th, 2013 in NEWS by admin

☆  サッカーマガジンメグミルクカップ 試合結果

予選リーグ

vs 栃木SC 0-8

格上の相手に何も出来なかった。GKが愛華でなっかたら、更なる失点をしたと考えられる。センターリングからのマークが全く出来ず、大きな課題となった。

vs 清水第八マイア 3-1 (得点者:薗田愛華*小池しおん*OG)

先制されるも、なんとか逆転勝利を修められた。たくさんのチャンスを作り出せる訳ではないので、ワンチャンスをものに出来る決定力が必要だと感じた。

vs 大和シルフィードU-14 0-1

この試合結果によっては、決勝トーナメントに進出出来たかもしれないと後に判明したので、悔いの残る試合となった。しかし、負けるべくして負けた試合なので、各自が大いに反省すべき戦いであったと思う。

中位トーナメント

vs 富山レディースサッカークラブ 0-1

アップもままならないままキックオフを迎えて、心身共に準備不足だったように感じた。どのような状況にあっても、戦うことを放棄してはいけないし、疲労感が漂う中でもやれる事はある。

総評

初参加者、初心者が多数を占める中で、戦う事は容易ではなかった。力を出し惜しみして勝てるような相手ではありませんし、何をすれば良いのか分からなければ、常に走り回るぐらいでなければなりません。

その中で、佐伎ちゃんの頑張りは大きな収穫であった。自分の置かれている立場、今の自分が出来る事の判断は間違っていなかった。

何から何まで教えてもらうばかりではなく、観戦する中で得るもの、感じるものも多いので、それらを自分に取り込んで表現出来るようになって頂きたい。自分が同じような立場になった時に困らないよう、準備しておかなければならないです。

それはプレーの面でも、交代の仕方であっても、私生活の中であっても、色々な場面で活用出来る事です。

団体行動をする際には、常に気を抜く事無く、吸収出来る事を見付け、他人のふりを見て考え直してもらえたらと思います。

サッカー選手である前に、1人の人間として成長して頂きたいので、細部にわたって注意していきたいと感じた大会でした。

2013 豊津NEWS 4月号

Posted 4月 23rd, 2013 in NEWS by admin

 

☆    今季への意気込み

小池しおん【主将】

今年度はミーティングを月1回は行い、全員で高め合って、リーグで練習の成果を最大に発揮できるようにしたいです。

そして、U-22で1勝するのが私の目標です!

精一杯キャプテンとして頑張りますので宜しくお願いします。

薗田愛華【副主将】

昨年度も副キャプテンでしたが、副キャプテンとしての行動もプレーもすることが出来ず、関西リーグなどでも勝利に貢献出来なくて、後悔の残る1年だったので、今年度も副キャプテンを任され、さらにU-22にも出るので、副キャプテンとしての自覚をしっかり持ち、関西リーグでは再び得点王が取れるように、U-22では自分達の納得のいく試合をして、まず1勝出来るように頑張っていきたいと思います。

坂本瑠璃【中学生主将】

中学生キャプテンと聞いてもっとしっかりしなければというのが1番初めに思ったことです。

今までは先輩方に頼り過ぎていたところがあったので、今年度からは自分が頼られる側になれるように努めたいと思います。

また、リーグでは3年目になるので、ミーティングでしおんさんがおっしゃっていたように、試合等の時間をきっちり把握し、自分の事は自分で出来るようにしたいです。

審判でもチームに貢献出来たらなとも思います。

中須賀裕美【生活指導】

今年度は1人1人自主性を持って行動していけるよう、陰ながら支えていきたいと思います。1人1人が何をすべきか考え行動し、必要な時はチームに自分の考えを発信していけるようなチームになるよう私も努めていきます。

まず、U-22まで皆さん頑張っていきましょう!

稲葉彩衣里【技術指導】

今年度は、受験生・就職活動者が多い中でのシーズンとなります。加えて初心者も多数抱え、厳しい戦いが予想されますが、結果だけではなく内容・過程を重視していく方向性は変わりません。むしろ結果を求める事が困難を極めると感じているので、チームメイトの最大限のパフォーマンスを引き出していけるよう、『ひとつの心』で取り組んで頂きたいと思います。

『走る*止める*繋ぐ』を試合で表現できるよう、日頃の練習から高い意識を持って参加してもらいたいと思います。

また、豊津のスローガン『立ち上がり5分が勝負!』を忘れることなく、試合開始のホイッスルから全力で戦えるよう、準備を怠らないようにしましょう。

2013 豊津NEWS 2月号

Posted 2月 27th, 2013 in NEWS by admin

☆   川淵杯

5チーム出場*リーグ戦総当り*30分1本*8人制*自由交代

vs ドルフィン 3-2 GOAL:薗田愛華②*小池しおん

朝一の試合は常々良くない傾向にありましたが、愛華のファーストタッチでのゴールのお陰で、良い試合展開となりました。

vs USED 0-1

チャンスもあったので、引き分けに持ち込みたかった。ディフェンス面でもっと声を出してやらせる事が出来たと思う。

vs 狭山 1-3 GOAL:和田温菜

今大会では内容、結果共に唯一駄目だった試合。早々に失点してしまって、試合の流れを引き戻す事すら出来なかった。

vs 堺女子 2-1 GOAL:田處夢摘*薗田愛華

作戦通りの夢摘のゴールで同点となり、相手のラフプレーにも立ち向かい、結果を残す事が出来て本当に良かったと思える試合でした。

☆    アルガルベ杯

豊津OG長船加奈(ベガルタ仙台所属)が、なでしこJAPANに選出。

以下、地上波放送予定です。テレビ観戦にてしっかり応援しましょう。

3月6日(水) vs ノルウェー 22:00~ フジテレビ系列

3月8日(金) vs ドイツ 21:00~ フジテレビ系列

3月11日(月) vs デンマーク 21:00~ TBS系列

3月13日(水) 順位決定 22:00~ フジテレビ系列

☆    遠征

GW5月3日~5日まで、長野県菅平で行われる【サッカーマガジンレディースカップ】に出場致します。

2012 豊津NEWS 合併号

Posted 10月 26th, 2012 in NEWS by admin

8910月合併号

☆関西リーグ個人評価

須賀ちゃん
練習にこまめに来る努力は、実ったのではないでしょうか。
キックの精度向上をたまにきた練習で少しずつ克服出来ると思います。

美咲ちゃん
最終戦はGKでの出場でしたが、即席としての役割は果たせたと思います。
色んなポジションに回される事が多かったですが、オールマイティそれなりにこなしてもらえました。
後はバタバタせずドッシリ構える事を求められると思います。

愛ちゃん
たまにの参加ではありましたが、大変助けられました。
社会人になって一段と逞しく、チームを引っ張って頂けたと思います。

愛華
シュートを打つ事に関しては積極的にやれたと思いますが、とにかく決定力ですね。
最終戦での切り込み方はとても良かったし、DFでの出場では貢献して頂けたので、サイドハーフ出場での守備を高めたいですね。

愛実
指示を出せば、ある程度対応出来るので、言われた事は今後も忘れずにやれるようにしてもらいたい。
キックに関しては問題が無いので、試合では素早く動いて敵が居てもキックを自信持って出来ればゴールも生まれると思います。

いづ
中盤で相方が温菜ちゃんなので、厳しい要求をしてしまったかもしれません。
前線に飛び出してパスを受けるタイミングは良いと思っていますが、サイドチェンジの為のパスの受け方やチームメイトの良さを引き出せるようなパス出しが出来ればと思います。

しおん
キャプテンとして、怪我を押して最後までやりきりましたが、結果を出す事には繋がらなかったですね。
もう一度守備に関しては勉強し直して、最終ラインの統率し、ロングフィードの精度を高めたいですね。

夢摘
ポストプレーに関しては、とても良かったと思います。
リーグ初ゴールも記録出来ましたし、共通理解を存分に発揮した成果だと思います。
前線からのディフェンスでももっと貢献出来るように体力強化して頂きたい。

望夢
要所で声を出したり、自分にやれる事を探して取り組めた事はとても良かったと思います。
落下地点のよみやトラップからのパス等、ドンドン出来る事も増えたし、後はシュートを打つ回数を増やせば、12月の大会で今年もゴールを狙えると思います。

瑠璃ちゃん
シーズン途中からディフェンスへのコンバートをしましたが、かなりの成長ブリやと思っています。
まだまだ出来ない事は山積みですが、実戦での経験を忘れず練習に取り組めたら、更なる飛躍が期待出来るでしょう。

温菜ちゃん
シーズン途中での加入でしたが、大変助かりました。
パスを出すタイミングやパスを受ける場所を修正したら、もっと楽に70分を戦えると思います。
それとキックの共通理解を実践出来るようにぬれば、ミドルやロングシュートも自信持って打てるし、自分が狙いたいと思えるでしょう。

☆     なでしこリーグ運営お手伝い

9月22日(土)
スペランツァFC大阪高槻vsアルビレックス新潟レディース戦のお手伝いをしに行きました。

主な内容は、試合前にはスポンサーの看板を組み立てたり、看板が飛んでいかないように重しをしたり、ベンチを運んだりします。試合中は担架隊をし、試合後は試合前に準備をしたものの片付けをしました。担架隊をしながら試合も見られて、ハーフタイムにはNMBも見られて、とても充実した1日でした!
お手伝いを通して感じたことは、試合前に準備をする人の労力があるからこそ、安全でより良い試合が出来るのだと改めて実感しました。あとは指示されたことはもちろん、しっかりとやらなければいけないし、その他のことも気を利かしてやらなければいけないこともあると感じました。それはどこにいても同じだと思うので、豊津の中でも視野を広くして気を使えるようにしたいと思います。【田處美咲】

☆     豊2地区運動会運営お手伝い

10月7日は毎年恒例の地区運動会でした!
今年は参加者が少なかったのかスムーズに進んだ気がしました!
自分の今回の仕事はスタートまで並ばせる役で、去年もでしたが、今年は1人で任されることが多く、少しは頼りにされているのかなと、嬉しかったです。
今年も無事に終わり、箱ティッシュももらい、大満足です!
これからも西中を使わして頂けるように次は落ち葉拾いを頑張りたいと思います!【薗田愛華】

何事も表舞台が目立ちますが、裏方さんがいて成り立っています。豊津では自分達が表で試合する事もあれば、裏方としてのお手伝いをする事もあります。両方を経験している訳ですから、どちらの立場になっても思いやれる人間性を養って頂きたいと思います。今後も皆の行動・言動に期待しています。

2012 豊津NEWS 6*7月号

Posted 8月 21st, 2012 in NEWS by admin

NEWS 6月号

☆     関西リーグを振り返って

【小池しおん主将】

いつも応援してくださる方々、良い結果を出すことができなくてすいませんでした。

リーグ戦が終わって全敗という結果に終わってしまったことをとても悔しく思います。シュートチャンスを決めきれなかったり、同じ人に5点も決められたりしたのはジョンくんにも言われた通り、気持ちの問題なのではないかなと思いました。

今回試合が終わってから「もっとこうしていれば」や「もっと失点を防げることができたのに」というのが自分の中で多かった気がします。それは自分が全力を出しきれていないからだと思いました。

そして練習に来る人数も4~6人のときが多く、必ず全員が試合に出るとわかっていても試合前の練習は少人数でした。そういうところからして全然やる気が感じられなかったです。練習をしないと本番でシュートを決めることはできないと思うし、人数が少ないとDF練習もできません。だから後の2試合は練習からしっかり取り組んでいき、自分自身も全力を出しきることができるようにしたいです。そして必ず1勝したいです!!

【ジョン君】

今季のリーグ戦では、薗田愛華が怪我から復帰し、攻撃に期待がもてると思っていましたが、1年間のブランクは相当なものであったと感じざるをえない出来であったと思います。

昨年に引き続き、中野絵美ちゃんに数試合協力して頂いて、なんとかゴールを奪う事も出来ましたし、GKでは三加さん*黒島さんに奮闘して頂きました。

また、春美さん*つるさんにも出場して頂き、良い刺激を受けられたと思います。

攻撃に関しては、事細かな共通理解で問題なくやれていましたが、守備に関しての共通理解が乏しかったので、シーズン途中から取り組みましたが、小池主将の文にもあったように、練習参加者が少ないので徹底するに至らなかったように思います。

しかし、振り返って感じた事は、戦術をやりきろうとするには体力が必然であるという事でした。これまでも体力アップに関してキツイ練習も行ってはきましたが、年々減少していたことは事実です。再度体力アップに重点をおいて、取り組まなければならないと感じました。技術を習得する事も大切ではありますが、基本中の基本には70分走りきれる体力がなければ、技術も役には立たないのです。根本的なところを見直して、順位決定戦に臨みたいと思います。

順位決定戦として2試合組まれると思いますので、1勝を目標に掲げ、全員がその目標達成の為に真剣に取り組んで頂きたいと思います。毎日練習がある訳でもなく、テスト休みも考え、お盆もお休みにしておりますので、余程の事がない限り、練習には参加するようお願いします。戦術*体力よりも根本的にあるのは【練習に参加する】といったことかもしれませんね。

2012 豊津NEWS 4月号

Posted 4月 22nd, 2012 in NEWS by admin

☆     なでしこJAPAN観戦

 4月5日(木)に神戸で行われました、キリンチャレンジカップvsブラジルの観戦に行ってきました。キックオフより早めに会場に向かい、様々なイベントにも参加しました。

①     ファミリーマートのCMやポスターに選ばれるかもしれない写真撮影

②     元日本代表GK【小島伸行さん】【都築龍太さん】とPK対決

美咲*夢摘*瑠璃⇒正規より前から挑戦して見事ゴール!!!

しおん*ジョン君⇒正規から挑戦し、しおんだけ枠を捉える事も出来ず・・・。

③     無料フェイスペイント

肝心の試合は、なでしこJAPANが勝利を収め、得失点差でアメリカにも上回り、キリンチャレンジカップでの優勝といった結果でした。当たり前の事を当たり前にこなす事が大前提で、少しのミスにつけこまれるといった印象を受けました。

後半残り20分程で、我らが【長船加奈】が出場。観ていて緊張してしまいました。熊谷選手に替わっての出場でしたが、無難にこなしていたのではないでしょうか。終了後には快く写真撮影にも来て頂き、本当に楽しい有意義な時間を過ごせました。☆有難う加奈様☆

2012 豊津NEWS 3月号

Posted 4月 12th, 2012 in NEWS by admin

☆    2012年度 意気込み

中須賀裕美*今年度はサッカーの時間を作れるようにします。体力強化します。

田處美咲*今年度は、全てに全力で取り組みたいです。あと、年上の方なのでサッカー以外の生活面などもお手本になれるようなふるまいをしたいです。

神﨑愛*今季は体力を落とさず、仲間のフォローをしてあげられる余裕のあるプレーが出来る選手を目標に頑張りたいと思います。

薗田愛華*怪我をせず、練習でやっている共通理解をしっかり意識し、去年の分まで思いっきりプレーしようと思います。

田處愛実*試合でボールを追いかけるだけではなく、シュートをしたり、センターリングをあげたり、少しでしゃばろうと思います。

國廣いづみ*得点につながるプレーをたくさんする。そして、大学に行く!!!

小池しおん*指示を出して味方を上手く動かす。キックを正確に。

田處夢摘*練習でやっている、落としを正確にすることと、三角形の動きをきちんとすることです。

森本望夢*関西リーグで点を取れるよう練習し、練習も休む回数を減らす。

森本りょう*今季は試合などでどこへ動けばボールをもらえるかや、相手のとりやすいパスはどうすれば出来るかなどを今まで以上に考えてプレーしたいです。また、色々な種類のリフティングをたくさん出来るように頑張りたいです。

坂本瑠璃*リフティングを100回以上できるようにと、短距離も長距離も走れるように努力したいと思います。

以上の意気込みを発表しておりますので、各自の発言には責任をもって実行して頂きたいと思います。チームとしましては、昨年全敗で最下位といった不名誉な結果となりましたので、最下位回避*最低1勝といった控え目な目標をもって取り組んでいきます。

☆    サッカースクール

ようやく毎月第4週目の日曜日開催が定着してきました。

三島家*白垣家は皆勤賞に近いご参加で、本当に有り難い限りです。始めたばかりの頃はサッカーよりもお菓子を食べる事や、サッカー以外の事に夢中でしたが、いつしかサッカーに没頭して頂けて嬉しく思っております。新しいお友達が参加された時には良いお手本となってくれ、とても助かっています。

3月のスクールには、真殿三加さんのお姉様(豊津OG 花田夕可さん)が東京から2人のお子様を連れて参加頂きました。久し振りの参加にも関わらず、積極的に活動してくれていました。

豊津監督の藤井春美に関しては、自身のお子様を連れて生後数ヶ月より参加頂き、今後の活躍が楽しみとなっています。妹の濱田美和も豊津OGで3人の女の子を出産。未来のなでしことなってくれる事を期待しています。

サッカースクールを月に1回ではありますが、継続する事により、豊津の10年後はコネ入部のみで、チームが成り立っていくのではないかと感じる程になってきました。出来る限り現在ご参加頂いております、女の子に関しましては、ゆくゆくは豊津に入部して頂ける事を節に願っております。ご検討宜しくお願い致します。

2012 豊津NEWS 2月号

Posted 3月 5th, 2012 in NEWS by admin

☆    真殿三加さん審判引退

この度、真殿三加さんが審判を引退されることになりました。

大学入学を機に豊津女子フットボールクラブでサッカーを始め、プレー以外でもチームに貢献しようと、大学2回生の時に4級審判員の資格を取得。それから17年間ご活躍されてきました。社会人4年目の2000年には1級審判員試験に合格。その際に体力測定で50メートル走8.5秒の基準があります。その1級審判員になってから12年間・・・。本当に素晴らしい功績であると思います。体力維持は勿論ですが、精神的にも想像を絶する忍耐力が必要であると感じます。実際にジョン君がLリーグ(現なでしこリーグ)でプレーしている時に、審判に不服を申し立てる事は日常茶飯事で、本当に辛い想いをさせてしまっていたことは事実です。しかし、お互いに一生懸命にプレー・ジャッジしていたことも事実だと思います。

ジョン君が三加さんの審判(主審*副審)に当たる事もしばしばあり、知り合いと思われるのも、お互いに不都合なので、全く会話無く、むしろ無視する事も多々ありました。審判に対してチームメイトがジャッジ以外の中傷をする事もありましたので、ジョン君も知らない、信じられない傷を負っていたと思われます。ジョン君には絶対に出来ないです。審判からプレーヤーに喧嘩を売ること間違いありません。そんな審判を長らくやってこられた三加さんには尊敬しきりです。

そこで、現在豊津に携わってくれている皆様にお願いです。3月17日に三加さんの『審判引退慰労会』を開催します。長年ご活躍された功績を称えて、皆様から500円づつのご協力を頂き、三加さんにプレゼントを進呈させて頂きたいと考えております。豊津在籍年数に差が生じますが、年数に関係無く一律とさせて頂きます。皆様方のご賛同を宜しくお願い申し上げます。

☆    川淵杯

2月19日(日)に大阪狭山市で開催されました、川淵杯に出場致しました。

現在取り組んでいる、チーム戦術を実戦できる良い機会となりました。

第1試合ではUSEDの胸を借りて、満足のいく試合内容となりました。0-2での敗戦ではあったものの、戦術を理解し、実行しようとする姿勢を感じ取れました。

第2試合の狭山SCでは1-1の引き分け。森本望夢がGKと1対1となり、冷静にゴールを奪いました。トラップからシュートまで本当に落ち着いたプレーでした。

得点こそなかったものの、中学生の森本りょう*坂本瑠璃にも出場時間が短い中で、素晴らしいプレーがありました。具体的には、ピッチを出るか出ないかの瀬戸際で残してからのセンターリングや、落ち着き払ったヒールパスといったところでしょうか。また、試合の空き時間には自主的にリフティングの練習をしており、先輩も良い刺激を受けたと思います。その気持ちを忘れずに継続してくれることを願います。

第3試合は堺女子との対戦で、1-0の勝利を収めましたが、内容としては不満があり、相手によっては確実に点数を重ねる事やボールを奪う意識、より丁寧にパスを繋いで相手に隙を与えてはいけなかったと思います。

第4試合に関しては、ジョン君は残り5分の出場に控えましたが、結果は0-0の引き分け。得点チャンスがあっただけに残念ではありました。やはり自分達だけでも結果を残していけるようになって頂きたいです。

今大会は1勝1敗2分で5チーム中3位といった結果でした。常々の目標が『最下位回避』ですので、そこは達成出来て良かったです。加えて戦術の理解度は大変高いものがあり、それを表現する事もまずまずの出来だった事には満足です。練習から観ていて田處夢摘がとても忠実にプレーしていると感じ、今後にも期待大です。

2012 豊津NEWS 1月号

Posted 1月 29th, 2012 in NEWS by admin

☆    C級リフレッシュ研修を受講して玉川氏のレポート

 12月16日から18日まで兵庫県丹波市で開催されたU15女子ナショナルトレセン指導者講習会に参加してきました。
 西日本各地から約70名の選手が招集され、JFAの考える世界で戦う為の技術習得を主な目的として開催されていました。
 今回は東日本大震災の影響で福島のJヴィレッジが使用できないため、初めて東日本と西日本で分散で開催されました。
 その為、ナショナルトレセンスタッフが東西に分かれて人数が足りなくなった分、地域トレセンスタッフとナショナルトレセンスタッフが2人1組で指導に当たっていました。
 今回のトレーニングでは、攻撃ではコンパクトフィールドでの一瞬のスペースメイクとワンタッチでゴールに向かう判断力、守備ではファーストディフェンダーの素早い決定とファーストディフェンダーのプレスによって出てきたボールを奪い切るディフェンスをテーマとしていました。
 トレーニング自体は特別なものではなく、よく周りを見ること、強く正確なパスを出すこと、常に縦方向へのパスチャンスを逃さないことを意識されていました。
 ナショナルトレセンスタッフは縦パスのチャンスの見落としには厳しい注文をつけていました。
 パスは何のために繋いでいるのか、参加した選手はほとんどの選手が良く理解していました。
 今回西日本各地の選手とJFAアカデミーの選手が参加していましたが、関西の選手は総じてテクニックレベルが落ちると感じました。
 ヴィトーリアの選手は技術レベルが高かったのですが他の関西の選手はボールにタッチした瞬間に奪われることが多く、オフザボールの時に周りが見れていない、ファーストタッチのコントロール位置が甘い、何より一番問題はプレッシャーを受けていないのに蹴り急ぐ選手が多かったことです。関西の指導者のレベルアップも必要だと感じました。

ちなみに今回の参加選手の中では四国の選手の技術レベルが非常に高く、特に徳島県の選手のレベルが高かったように思います。
 座学の時間には、なでしこジャパンの佐々木監督、U16、U19代表監督の吉田監督の講義がありましたが、お二人ともなでしこジャパンは世界の女子サッカーの主流であるパワーフットボールには向かわないとおっしゃっていました。日本はあくまで技術で勝負する、そのためにより速く正確なパスワークの構築を目指すということです。インステップキックを使った20~30mのグラウンダーのパスの精度を上げたいということでした。

豊津のみなさんにも技術(キックも技術です)の練習に集中して取り組んで頂きたいと思います。

最後に、全国の色々な指導者の方とお話しましたが、40代50代の指導者の方はほとんどの方が豊津をご存知でした。これは豊津が歴史あるクラブだということ、諸先輩方が活躍されてきたことが今に繋がっています。みなさんは全国に名の知れた素晴らしいクラブでプレーしていることに誇りを持つと同時に自信を持って頂きたいと思います。

2011 豊津NEWS 12月号

Posted 1月 1st, 2012 in NEWS by admin

☆    祝*進路決定

【薗田愛華】

大阪体育大学健康福祉学部健康福祉学科に合格致しました。

将来の夢である体育教師になる為の勉強をしっかりしていきたいと思います。

サッカーは色々と考えた結果、豊津で続けたいと思っています!

大学の近くで1人暮らしをするので、練習に全て行けるかもまだわかりませんが、豊津でやると決めたからには、出来るだけ練習に行けるようにしたいです。

大学と豊津との両立がしっかり出来るように頑張っていきます!

そして、これからも宜しくお願いします。

【田處愛実】

大阪国際大学短期大学部幼児保育学科保育コースに進学が決まりました。

推薦ではありましたが、高校受験を失敗している為、合格するか心配でした。

だから、合格することが出来てホッとしています。

2年間必死に勉強して、立派な幼稚園教諭になりたいです。

そして、来季についてですが、正直なところ残るか残らないか、まだ迷っています。残りたいという気持ちはあるのですが、短大のために忙しくなるのではないかとも思っています。今ほとんど練習に休まず参加している状況で、やっとついていけるかどうか・・・といった感じです。そんな中、進学して、たまに練習に参加してもついていけないのが目に見えています。そう考えると辞めた方が良いのではと思い至ります。

それでも15年間サッカーを続けてきて、最近が1番楽しいと感じています。そんな簡単に辞めたくもありません。

しかし、このまま続けてサッカーがしんどいと感じるようになるのはもっと嫌です。

そんな事を最近ずっと考えていますが、まだ答えは出ていません。今年度が終わるまで、あと4ヶ月を切りました。しっかりと考えて答えを出したいと思います。

そして、辞めるにしても残るにしても、1回1回の練習に全力で取り組み1分1秒を大切にしていきたいと思います。

☆    OG情報

【長船加奈】全日本女子サッカー選手権大会vs日ノ本高等学校でベレーザに移籍後初ゴール☆本日23日に山田真弥所属の伊賀フットボールくノ一と対戦。

【大谷志帆・伊木渚】全日本大学女子サッカー選手権大会において、予選リーグを突破し、1月3日の準決勝vs大阪体育大学に進出。大谷志帆は予選リーグのvs武庫川女子大学及びvs武蔵丘短期大学で貴重なゴール☆